上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親愛なる友へ
久しぶりにちょっとした自分の時間ができたので、あなたに手紙を出そうと思う。
筆不精な私は、いつもあなたのことを思っていると言い張っても、きっと信じてくれないよね。
こちらは春の変わりやすい天気だ。
一昨日初夏のような陽気だったのに、昨日はまた厚いコートを着なければいけない冷たい天気になった。
目を閉じたら、東京の桜のつぼみを想像できる。
ぴくぴくと、すこしずつ、桜は自分の花びらを開いて、空と交信する姿はいとおしい。
女の子が桜の下で新しいシーズンを楽しんでいる様子も可愛らしい。



しかし、東京にいるあなたは、一年が過ぎて、改めて人びとの置かれた境地を考えて、時々絶望的な声をあげているよね。
知れば知るほど、怖くなった。
生活を覆っている汚染や隠蔽や(政府と電力会社、学者たちの演じる)狂言などを、個人レベルでどうしたら抵抗できるかしら。
周りの人は、「考えすぎ」はいけないと慰めてくれているが、「正確な考え」は、また難しい。
私も先先週T湾の脱原発デモに参加した。
撮った写真に対する友達の冷たさ、それもびっくりに値するよ。
翌日の新聞にも日本の311記念の記事が紙面を埋めたが、ローカルのデモを軽く、無視した。
(皆生活している土地の問題をできるだけ顧みずにしたい。そのほうが楽だ。)


まー私たちの国、今まで似ている軌道に乗ってきたではないか。
経済開発とかテクノの力を過信して、大地の母をいじめ過ぎたね。
結局、何でもかんでも、毒になった。
植物も、動物も、空気も。
毒の世界で生きるのは、あなたの言ったように、
宮崎監督のアニメの主人公ぐらい強くならないと。
Princess_Mononoke_Japanese_Poster_(Movie).jpg

The_Journey_of_Shuna.jpg
いつ黄金の稲をこの世で育成できるのか?

余談だが、先日友達とタイムスリップした。
あなたもつれて行ってあげたいなぁ。
T北の中心から40分ぐらい汽車に乗って、昔炭(煤)を発掘して、選別したところーーホートンへ遊びに行った。
二十一世紀、すっかり廃墟になってしまった。(次の世紀になったら、次の世代は成功に脱原発できるかな。)
工場は1990年代からもう完璧に捨てられて、歳月の痕跡が蝕んできて、意外と情緒があるところ。

IMG_2775
トロッコの軌道。

IMG_2771
煤を運ぶため作った橋。当時は結構モダンな形らしい。

IMG_2706
今の駅。



駅の向こう側に、今T湾猫村と呼ばれる野良猫の保護地があり、撮影オタクのニュースポットになった。
熱心な人たちは猫たちをきれいにして、避妊手術もできるだけしてあげて、
猫と人間、両方とも共生できる環境を作った。

IMG_2791
わんちゃんがウェルカムではないよ。

IMG_2744
川がきれい。


しなやかで優雅なねこたちを見て、私はものすごく癒された。
あなたも遊びに行ったら、絶対喜ぶよ。
百匹いるらしいが、私たちはたぶん50匹も会ってない。
かくれんぼう猫もきっといっぱいるね。
自然の中で半野生の感覚で凛として生きている猫ちゃんから、
いろいろ勉強した。
長くなってしまってごめんなさい。
今日はこの辺で。
最後にあなたの大好きな猫肖像を。

IMG_2723

IMG_2693

IMG_2683

IMG_2656
猫出没注意。

IMG_2494
猫村の猫だ。

IMG_2650

IMG_2644

IMG_2629

IMG_2625

IMG_2615

IMG_2614

IMG_2580

IMG_2571

IMG_2562
ごろんごろん。

IMG_2541

IMG_2526
呼んでる?

IMG_2670
来ないで!


IMG_2471
空を見上げる猫。

少し癒された?





スポンサーサイト

【2012/03/24 22:14】 | 未分類
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
ゲイカップル、ビアンカップルの歌。
青春と恋愛、同性愛同盟国。


【2012/02/16 17:05】 | レズビアン共同体
トラックバック(1) |









【2011/12/07 15:27】 | 変哲の無い日常
トラックバック(0) |
logo120.png

logo120.png
今年のパレートのロゴ。

今度の台湾パレートの主題は:彩虹征戰、歧視滾蛋。英語で言うと、Rainbow Fight!Discrimination Go out!
レインボーたちは戦え、差別は消え!(下手な訳、ごめんなさい)
しかし、今年はなぜこんな主題を取り上げたかな。
ここで少し説明させて頂く。

自分の五月14日のmixi日記を引用
「最近台湾の教育部(文部省)は「先生参考用」の新しい教科書を作っている。「ジェンダーの教え方」など、LGBTは変態でも気持ち悪い存在でもなく、「普通な」存在であるという概念を推進ようとしている。目標は、小学校と中学校の先生は学生を指導する時、より人間的な、人道的な考えを持つ主体になって、LGBTの学生も生きやすい環境を整備してほしいということにあると思える。背景は、2004年に台湾の南部にある中学生、葉永誌が「男らしくない」という理由で、同級生に虐殺されたに遡れるだろう。学生は他人の「他者性」をわかっていて、そして、自分の内在なる他者性を理解してくれたら、いじめ問題も青少年の自殺問題も軽減できると期待される。

しかし、新版の教科書はまだ世に出てないうちに、キリスト教の教会団体は、教科書の中に「ない」内容を捏造して、「LGBT」は淫乱な行いをして、家庭の価値を破壊しようと訴えている。親たちの「子供が同性愛者になるぞ」という恐怖を煽動して、反同性愛のデモをする。あの保守的な連盟の名前は「真愛連盟」という。なんという皮肉だ。

こわい。特に友達の中に、反.同性愛者が堂々と、「私はただ自分の子供がゲイになってほしくないだけ」と平然と言う大学の先生がいたり、「教会のいうことは、正しいので、あなたたちやはり罪がある」という元親友もいる。この雨の数日間、憂鬱だ。


歴史を鑑みて、1990年代のアメリカも似たような運動が起きていた。教育改革、人権問題と宗教団体の戦いはどこでも進行している。これは始まりでもないし、きっと終わりでもない。


私事のため、私は台湾に半年ぐらい帰国していた。この「真愛連盟」の事件を経験し、ガッカリして、夜中でも眠れず、暗い気分になってしまった。
そう、台湾は私の思うような「生きやすい」ところではない。たとえ親しかった友人でも、「キリスト教義VSマイノリティ人権」(この二分法自体に問題があるけど、一部の人にとって、有効みたいだから、とりあえず)の選択肢の前で、友人は平然と私たちの生存権を否定してしまう。さっさと背を向けさせられた私は、「homophobia」の巨大さに圧倒された。今までの自分の甘えを感じた。基本教義のキリスト教の勢力は家父長の権力と共謀して、マイノリティ人権を踏みつぶす現状を、目の当たりにし、石を投げされたような痛々しい気持ちだ。

もちろん、リベラルなストレートの友人から温かい応援がいっぱいあって、この事件を契機として、台湾の人達も改めてマイノリティの存在に目を向けるようになった。「同性パートナーシップ連盟」の人たちもパートナーシップについて相関の法律作りと論議を行って、生きやすい環境を作ろうと頑張っている。正に、「危機は転機なり」。

2012年の台湾総統選に出馬する立候補の一人、民主進歩党の蔡英文は先月、政治のアジェンダを公表した。その「性別編/ジェンダー編」は、初めて性の多様性に触れたものだと言えよう。
http://10.iing.tw/2011/08/blog-post_10.html

コーア理念のその六

六、 尊重不同性傾向者的人權:
1. 促進社會尊重不同性傾向者的人權與自由,並強化國民對性別多元的認識。
2. 打造性別多元友善文化,提升職場與校園的性別平等。
3. 強化公務員對性別多元的認識,作為決策與施政的基礎。各級政府應檢討修正各項法律、政策及行政中的相關歧視性作為。

1異なる性の傾向の方(つまり、マイノリティ)の人権を尊重する。
2異なる性の傾向の方を尊重する気風を広め、国民に性の多様性を認識させるように。
3公務員に性の多様性の認識させて、政策作りと施政の基礎を作らせるように。政府の各単位は法律、政策及び行政における差別行為を検討すべき。

勿論、一部分の人に「空洞なスローガン」だと批判されたが、私はコーア理念の提出だけで、蔡英文氏はもうマイノリティの人権史における重要な一頁を開いたに違いない。

20110906182632533.jpg

ついでに、蔡英文氏は五十代の未婚女性だから、彼女のセクシュアリティは、ずっと問われてきた。いわゆる「ビアン疑惑」(わはは)今年の四月に、蔡のライバルの一人、施##は「蔡さんは自分のセクシュアリティを公表すべき!セクシュアリティは政治家の『財産』のようなものだから、ちゃんと公表して、自分の潔白を示して!」という政治的な手段で蔡を攻めた。私はこの新聞を見た時、政治の闘争の陰険さにあきれた。まず、人にカミングアウトさせる権力は、誰にもない。アジアはまだそんな自由な土地ではないよね。アイスランドは初めてのビアン首相が出たが、蔡はもし自分のセクシュアリティを公表したら(もし彼女はビアンだとしたら)、絶対来年の総統選で落ちるのが予見できる。だから、ライバルは彼女を落とす戦略として使ったのだ。
しかし、蔡の答えは良かった。
彼女は一貫とした冷静な声で、「私は施さんの質問に答える気がない。まず、このような(セクシュアリティについての)質問を「圧迫」の手段として使われるのが良くない。そして、もっとシングルの女性達に同情して、尊重して、女性の立場に立って考えてください」と、成功的に危機を乗り越えた。
ナイス!あぁぁ、本当に魅力的知的な女性だね。
惚れてしまった。
(政権を取ってからカミングアウトしてもいいじゃないの~~~あくまで個人の意見です。笑)

基本教義のキリスト教信者、政治を操る汚いおやじ達(父権主義の代表)などの攻撃を受けて、台湾のマイノリティたちは、実は生きづらい時、今年の春。

この一連の事件を踏まえて、今年のパレートのスローガンは「彩虹征戰、歧視滾蛋」にした。アンフレンドリーの目線もあるかもしれないが、私達は私たちの声を出して、叫んで、「私のまま」を見せるのだ。外敵は私たちの結束力を強めるだけ!全然怖くない!(残念ながら、私は参加できない)
もしあなたはパレートに参列するならば、マイノリティの皆に美しいスマイルを投げて、「辛苦了」(お疲れ様)を言ってあげてください。きっと喜ぶ。
(喜ぶ台詞:
1ni3 hao3 mei3 你好美 美しい!  ni3 hao3 shuai 你好帥 格好良い!
2wo3 ai4 ni3 我愛に あなた大好き、愛してる。
3jia1 you2 加油 頑張って!

うん、でも適当に日本語で言っても、台湾人も喜ぶと思う。


なぜだろう?
ずっと気になることをこれから言わせてもらいます。あしからず。
個人的にはよく聞かれた質問の一つは
「なぜ台湾人はそんなに親日ですか」。
特に、311震災の後、台湾人の献金の額は世界一という不思議な現象に、日本人の友人たちみんなビックリ。
物価、所得は日本の三分の一の台湾、なんでそんなに?!
私は思うに、
(亜熱帯、熱帯の住民だから、基本的に「熱い!」人が多い)
先ず、台湾と日本は同様に地震が多い国だから、地震で親族、友人を亡くした苦しみを同感できる。台湾で十二年前起きた921大震災で多数の命が奪われて、その時、日本からの献金も多かった。(あの震災を背景として、台湾ビアン映画、「刺青」(tatoo)がある。)このような感情的な連帯は、極めて大きいのではないか。
そして、私たちは幼少時代から日本の文化を沢山受けて、日本に対する親近感がとっても強い。私は二、三歳から、手塚さんの『Black Jack』、『三つ目が通る』などの漫画を愛読してきた。青春時代に日本のドラマは台湾に輸出したお陰で、皆、梨香を大切できなかった完治に憤慨した。松嶋菜々子は台湾でも高人気!村上春樹は言うまでもない、日本の推理小説は台湾で多く出版されている。流行文化の底力は、凄い。
また日本の経済的な実力のため、東アジアの「模範国」になって、日本人を羨ましがる台湾人もいると考えられる。
確かに、台湾は日本に植民されて、日本という「母国」を愛する人が、今もいるだろう。敗戦当時10歳だとしたら、もう七十代以上の年寄りたち。この人達の経験された歴史は、日本に植民されて、大東亜戦争に巻き込まれて、幸い死んでない人は戦後に中国からの国民党を迎えて、繰り返された虐殺と占領の悲劇をもう一度目撃した。国民党統治より、日本時代は「まだ」よかった、とつぶやいた人もいる。
でも、事実、植民は近代化と文明を持ってきたと同時、侵略と殺戮、搾取は毎日のように行われていた。台湾を南進の先端として経営していた日本政府は、決して「良心的過ぎる占領」なんてじゃない。日本政府は台湾の物産(檜、バナナ、稲などなど)、台湾の人力を出来るだけ搾取したのは、実情だ。1930年代に起きた「霧社事件」は日本の警察統治に対する反発である。日本政府は原住民を鎮圧するため、初めて毒ガスも使った。
(最近台湾で放映されている大ヒットの映画「賽徳客 巴来」はこの歴史事件を取り上げた映画である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%A7%E7%A4%BE%E4%BA%8B%E4%BB%B6
台湾の歴史に興味を持っている方、『図説台湾の歴史』という本は、お勧め。
このようなことを述べて、決して今の日本人を責めるわけではない。私達は歴史を変えられないが、歴史を知るべき。歴史を鑑みながら、人と人の交流を通して、共に歩む道を見いだし、生きやすい、差別のない社会を作れたら良いね。



ここまで読んでくれた人は、もうへとへとだね。
失礼。あとちょっとだ。
あ、もう一つよく聞かれる質問を思い出した。
「台湾で、ビアン多い?BOIS多い?」と。
私は、まず台湾のBOISは分かりやすい。
日本の町を出て、類似性の高いお化粧、服装をする女性をよく見かけるよね。
台湾は日本と異なり、
日本のように女性の可愛らしさに執着しない国だから、抑圧はそんなに表面化されてないので、
自由でマイペースの人が多い。(服に適当な人も多い。時々パジャマ姿でMRTにのる人も見かける。わはは)
私は日本に来た初めての一、二年かな、自分の容姿に凄くコンプレックスを持つようになった。
私は全然可愛くない。男性の前で媚態を演出も出来ない、化粧もいまいち出来ないし。
私は、凄くブスだ。ちょっと「違う」私は、同質性の高い日本社会で気苦しかった。
一時期は軽く醜形恐怖と視線恐怖を抱えてしまった。
このような団体の中にいる孤独感は、一体どういうものだろう。
ただ怖かった。
私は、違う。「標準的な」ものではない。
標準的ではない人は、この社会で生き辛い。
でも、五年間ぐらい東京で生活して、友達も出来て、まーーー色んな人が自分なりに頑張っているとわかったら、自分もリラックス出来るようになった。



宮沢賢治曰く。
皆違って、皆いい。
Lady GAGA 曰く。
Born this way.
Steve Jobs said:
your time is Limited.don`t waste it living someone else`s life.

パレートを楽しんで下さい!




















【2011/10/08 01:11】 | レズビアン共同体
トラックバック(1) |

管理人のみ閲覧できます
-



こうちゃん
鍵付きのJさん
コメントありがとうございました。
台湾人の親日ぶりと台湾からの高額の義援金の原因、やはりこの記事を読んでも「答えが文章から見つけられないの」ですね。
私は、あくまで個人の意見で、「親日」を解釈したいだけです。歴史的の文脈があって、いろいろな複雑な出来事によって、今の日本、今の台湾になっている。親日、あるいは日本の親台についは、かなり難しい問題ですよね。台湾人にアンケートするとしたら、皆の答えも違うと思います。異なる家庭環境、異なる教育の影響で、理解もそれぞれではないか。
文章に書いてないのは、中国大陸の崛起によって、今の国際的な力関係はますます微妙な情況になって、親日と親台の人達は、共謀的に「日台友好」を強めて、中国に対抗する動きも見えるのは、否定出来ないです。
出来るだけ歴史を理解して、私たちはどうやって付き合っていけることを考えるのは、私の基本的な考えです。
Jさんはぴんと来ないのは、多分それはJさんの中に問題化されて、でも解決出来ない難題でしょう。では、自分なりに研究して、答えを見つけて下さい。Jさんの答えを楽しみにしています。

そして、日本人として、台湾で「日本人」を演出しなければいけないことに辛い...日本人だからといっても、所詮日本人は皆違いますね。Jさんは別に「日本人」の代表者として台湾人と付き合う義務がありません。「自分」として、一人の人間として、付き合いたい人と付き合ったらそれだけで良いです。
私のこの記事の一番のポイントは、「自分を生きて」、「人間と人間の交流」を大切するところにあるんです。
私も何年間をかけてやっと異国でリラックス出来ましたので、Jさんもゆっくりと自分の心の声を傾けて下さいませ。
では、台湾の生活を楽しんで下さい。



管理人のみ閲覧できます
-



こうちゃん
鍵付きのCさん
どうもありがとうございました。
癒されました。

感動しました
こうちゃんさん

以前2年ほど台湾にいた私としては
大変興味深くブログを拝見しています。

霧社事件の映画は私もいち日本人として
知っておくべきと思い、観に行きましたが
若干肩身の狭い思いをしたのも事実です。^^;

でも日本で教えてくれない、こういう歴史を
しっかり学べて良かったと思っています。



Re: 感動しました
こうちゃん~
空さん
書き込みをどうもありがとうございました。
すっかり放置しているガーデンを訪れて頂いて、うれしいです。

歴史を知ることは、せめるためではなくて、もっと大きい視野で人間のあるべきありさまを探求するためだと思います。(少し大げさですね)
日本、中国、台湾の近代史を読めば読むほど、「肩身が狭い」思いをする日本の友達が、少なくないですが、これも、「原罪」というか、歴史の傷に近いものかもしれません。明治以来の殖産と侵略の思想で、人民は「国民」に編入され、個人の意思と感情は、抹消されかねなかったですね。
でも、今はインターネットの発達によって、絆は空を経由して世界規模でつながってきましたね。一人ひとりの人間は、あらゆる方法で自ら知識を追求したり、他人を理解することが出来るようになっています。こういう公民の力は、ただいま問われているんですね。民族主義も。環境問題も。原発も。

また台湾に遊びにきてくださいね。


> こうちゃんさん
>
> 以前2年ほど台湾にいた私としては
> 大変興味深くブログを拝見しています。
>
> 霧社事件の映画は私もいち日本人として
> 知っておくべきと思い、観に行きましたが
> 若干肩身の狭い思いをしたのも事実です。^^;
>
> でも日本で教えてくれない、こういう歴史を
> しっかり学べて良かったと思っています。


承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
女女苑のbiancaさんとcrazy aboutのNoRさんは既に素晴らしいレポを書きましたので、詳しい情況は割愛します。あくまで個人の素朴な感想を書きたいと思います。
Kooさんのオフ会、私は今年で二回目です。
(前回の感想は http://0duc.blog65.fc2.com/blog-entry-37.html )

写真 (64)

  同じビルの違う階で、前回同様に大人の香りが漂って、しっとりとしたオフ会でした。去年はまさに初めて参加したオフ会でしたので、緊張してよく話せなかったですが、今年は(自己紹介はまだ大嫌いですが)二回目でしたので少し余裕が出来たようで、その上教頭先生のkooさんの優しい顔を見て、(なんと勝手に)安心しました。
  また去年のオフ会で知り合った何人かの友達がおり、とても心強い存在でした。一期一会ではなく、出会いは絆になって、いつのまにか仲間が増えて、昔のような得体の知れない寂しさは消えていました。一応クローゼットですが、クローゼットから出ると、良い笑顔を見せてくれる人がいるという確信をもてて、幸せです。
会場に入って、いつものように(kooさんの彼女の)小月さんは優しい笑顔で、挨拶してくれました。皆自由に周りの人と喋ったり、知り合いの人と挨拶をしたりして、和やかな風景でした。(元ノンケの)私の彼女のNさんは初めてビアンのオフ会だったので、一気に五十何人の「生ビアン」と会えて、ドキドキして、大分昂奮していたようです。

いよいよ苦手の自己紹介の時間になって、五十何人もの熱い視線を浴びて、頭が真っ白になりました。一体何を言ったのか、覚えてはいますが、思い出したくありません。(笑)でも、名簿の名前を見て、この方は何を言ったかを思い出すことは、楽しい頭の運動になりました。
人数が多いので、全ての人と話すのは無理でしたが、思い出しながら語ります。

女女苑のBiancaさんとドSさん
遠くから名札を見た時から、もう心が踊りました。「女女苑のBiancaさんカップルだ」とあちこちで目を輝かせながら言っていました。すごい……女女苑オーラ-。NoRさんが書いたように、スターだ。Nは女女苑を愛読していましたので、挨拶をしに行ったら、なんとBiancaさんとNは熱い握手と抱擁を交わした、ドSさんと私の前で(爆)
BiancaさんとドSさんは、イラスト通りの美形カップル。ドSさんは格好良くて、「ドS」という名前に反して、穏やかで優しくBiancaさんを見つめ、軽く相づちをうち、とても微笑ましいカップルです。Biancaさんはユーモア溢れる魅力的な女性です。中国語を喋っていたときは、なぜか珍しく照れくさくて、それでも可愛かった。
(私の「二丁目中国語教室」のNo.1学生さんになってくれるみたい。ありがとうさん~。えーー、誤解しないでください。開室は未定です。もし始めるとしたら、恋愛中国語とミーハー中国語も授業に入れる予定)
台湾のパレート、楽しんで下さい。何か質問があったら、いつでも遠慮なくどうぞ。パレートのレポートを楽しみにしています。

NoRさん
NoRさんの名札を見たとき、私は「まさか」とビックリしました。NoRさんのブログを1年半以上読んでおり、無断に(失礼)リンクを自分のブログに貼り付けてたりしていました。映画に対するセンスは違いますが、私の愛読するブログに違いありません。あの時!酔ったようなNoRさんと話していたら、ブログの話題にちょっとなり、Nさんを目撃したと熱く語り始めたNoRさん、可愛い女の子だなと、思いました。ブログを読んだ印象は、頭がよくて、面白い文章を書く人ですが、本人と会ったら、ミーハーの情熱と裏表で少女のような純真もあります。内気ですが、フレンドリーな小動物のような可愛らしい方です。天然自然な子。彼女の描いたオフ会のレポ、そういう間一髪の気迫は、真摯だからこその緊張する初々しさの脈拍が聞こえるようで、名文になるぞ。
唐突な質問で申し訳ございません。「タチですか」と聞いたのは、NoRさんのブログに載せる美女たちは、もしかしてNoRさんの好みかなと、ずっと気になっておりました。だってボーイッシュな子が殆ど載ってないですよね。かなり偏っています~


Akiさんとchubbyさん
去年のオフ会で知り合った模範カップルですね。この二人の幸せオーラの刺激かもしれませんが、今年のシングルの人達は皆積極的に動いて、「私も幸せを掴むぞ」という強烈な熱意を発していました。(私は一瞬思ったの。もし私がシングルでオフ会に参加したら、凄く焦ってしまうのかな。そんなに焦らなくても良いのに...焦ってしまうかも)でも、私の知る限り、この二人のお付き合いは、とてもゆっくりで自然でした。(ゆっくりすぎて私はお節介ものだから、プッシュしてしまった)去年のオフの夜、kooさんと小月さんと私はキンズでAkiさんとchubbyさんの打ち解けた姿を眺めて、「この二人は、多分付き合うね」と確信していました。よく出来た大人二人は、良い状態で出会って、一緒になれる、これは、言うまでもなく、幸せそのものですね。お二人を見て、こちらまで落ち着いた平和な感じを味わえました。大好きな友達です。またT湾旅行しようね。

大工さんと由美さん
大工さんのような映画人と知り合って、大きく啓発を受けました。謎めいたお姉さん、外見から見れば、だれも大工さんは大のディズニーファンだと思わないでしょう。(失敬)いつも楽しいイベントを計画してくれて、ありがとうございます。
現に大工さんはGlee鑑賞会を計画している。十月一日に六本木でビアン映画会、興味がある人、是非。
glee-L.jpg


Chiriさん
今年も素敵な着物を着てきましたね。控えめな態度と人を見抜いたような目付き、古本屋のオーナーに相応しい女性です。本の虫のビアンたち、本を売る/買うとしたら、chiriさんのところで。

でりぼさん
でりぼさんも去年お会いした方です。でりぼさんの優しそうな目付きから好意を十分に感じられます。豆本を作る人ですから、指先はきっと器用ですね。(なんでビアンは器用な指先と言うと、変な方向を想像してしまうね。)ピアノの鍵盤に隠されていた小さな豆本を見せてくれて、ありがとうございます。

キンズの二人のお姉様
二人とも元気そうで良かったです。T湾でのスポーツ観戦、楽しそう。また遊びにいってね。

あつさん
大阪出身、愛知在住なのに、わざわざ東京にきて、kooさんオフに参加して、それはそれは、ただものではない。少し喋ったら、さすがに関西のおおらかな人柄で、オシャレで話しやすい方です。

WauさんとJenさん(カップルじゃないが、ずっと一緒だ)
Wauさんを見た時、ある人物を思い浮かべました。Lの世界のマリーナ-です。おとなしい綺麗なお姉さんですが、一挙一動に格好良さが感じられて、見る側はとても快いです。Jenさんは若くて綺麗なお嬢さん。二人は恰も美姉妹のように見えますが、初対面だって(?)。Wauさんの面倒見の良さが分かります。高嶺の花の運命かもしれません、勇気を出してJenさんに声をかける人があまり無かったみたいです。少年よ、大志を抱け!

小粋さん
小粋さんとのお付き合いも短くありません。一緒に武道会も見ました!一外国人の私を誘って、日本武術の美を見せてくれて、感謝しています。美術館、博物館にもよく通っている粋な小粋さんは、今の趣味は「山」です。ハイキングは勿論、富士山登山も本格的に行っているみたい。本当に小粋さんと言えば、趣味の人間ですね。山登りの愛好者、小粋さんに連絡して。(どうやって?)

Kooさんと小月さん
教頭先生は私の恩師ですね。東京という異性愛の迷路で迷った私の前にビアン通信があって、間違いなく、救いです。私のささやかな囁きを気に入ってくれて、書けばと声をかけてくれたので、今の「ifの事」が出来たのです。最近本職は難航中なので、更新も滞っています。しかし、あの時、勇気を出して、kooさんの「bound」鑑賞会に参加して、そしてオフに出て、やはりよかったなぁと思っています。一歩踏み出さないと、始まらない。Kooさんを始め、人と人のネットワークから、いつも暖かさをいっぱい受け取っています。
これは、ビアン通信。信を通じて信を生み出す。
小月さんも、恋人を信じて、遠距離ですが、十年間もkooさんと手を繋いで、良いパートナーですね。長持ちの秘訣は、とにかく二人は大変合っていて、全然飽きないというラブラブ発言をしてくれました。ありがとう。ご馳走様でした。
だらだらと長文になりました。ここで筆を止めさせていただきます。
オフ会で沢山話してくれた方々、ありがとうございます。私の文章と写真を褒めてくれた読者、ありがとうございます。これからも宜しくお願いします。

帰り道に綺麗な星空が見えたね。

【2011/09/21 23:22】 | レズビアン共同体
トラックバック(0) |


koo
さすがこうちゃん!!
本当に鋭く、でも温かく、まわりのみんなのことをよく見てますね。
自己紹介苦手なの?気づかなかったー。
こうちゃん&なおさんカップルは、美形の素敵なカップルさんとしてみんなの注目を浴びてたんじゃないかな。それにほんとによく似てるし!雰囲気ぴったり。
なおさんは、シングルで参加していたら空車さんの人気ナンバー1になっていたに違いない!・・・と小月が言ってました。たしかに!

今私もオフ会報告を書きかけです。
今回は他力本願で、こうちゃんはじめ皆様のレポを紹介して、自分のレポは簡単に・・と思っています。
これだけ書くのは大変だったと思います。本当にありがとう!!


NoR(ノアール)
この度、オフ会でお会いする事が出来、本当に嬉しかったです♪

私のブログを長い間、読んで下さっていたとは知らず嬉しい限りです(笑)ありがとうございます☆

ミーハーな私をそんなに褒めて下さるなんて感激です☆はい、当日は酔ってはいませんでしたが、間違いなく脳内はかなり泥酔状態でした(爆)お恥ずかしい(汗)

でも、こうさん&なおさんカップルとお話する事が出来、本当に楽しかったです☆

私の脳内は基本的にオヤジなんです(爆)あまりに美形な、お二人に更に酔ってしまい高揚状態でした(汗)

私のブログのフェミニンな美女画像はご推測通り、私のタイプの女性がです(笑)偏っててごめんなさ~い(笑)クローゼットの私にとって唯一の癒しなのです。なんせ脳内オヤジですから(笑)せめてブログだけでもね(笑)

これからもヨロシクお願いします♪


wau
先日はお疲れさまでした♪
感想読んでて、自分と友人が出て来てびっくりしました!!
しかも、そんな印象だったんですね!!なんだか照れくさいです(^^;

ちなみに、jenは初対面ではなくて友人で一緒に来たのですが、
とても気さくで面白いので、それは彼女にとってももったいない状況
だったのですね!気が回らなかったわ..

こうさんカップルはホントにそっくりでかわいかったです♪
お似合いのカップルさんを見つけるととても和むので、
お会いできてよかったです^^

今後ともよろしくお願いします!

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。